コナン【羽田浩司殺人事件】の考察|RUMや浅香(若狭留美)、赤井務武との関係とは

【スポンサードリンク】

名探偵コナン「羽田浩司殺人事件」についての考察

1008話まで続いてる漫画のコナンであるが一時休止中ということで、過去の事件についての振り返りや考察をしてみたいと思います。

物語の中で黒の組織との事件に直接つながってくるような「羽田浩司殺人事件」について自分的な考察を踏まえて、お届けしていきます。

ここからはお話のネタバレが出て来るため、まだ読んでない方や「ネタバレは嫌だ!」という方は控えてくださいね。

目次は以下の通りです。

  1. 羽田浩司とは
  2. 羽田浩司殺害事件とは
  3. 羽田浩司とRUMの関係
  4. 羽田浩司と浅香の関係
  5. 「浅香=若狭留美」説。羽田浩司と若狭先生の関係
  6. 羽田浩司と赤井務武(赤井家)の関係
  7. 羽田浩司は生きているのか?・・・後ほど更新
  8. まとめ

 

【スポンサードリンク】

 

1. 羽田浩司とは

様々な憶測がある羽田浩司についての簡単なプロフィールを紹介していきます。

  • 将棋界の天才棋士と言われており、七冠王に一番近いと期待されていた男
  • 既に四冠を達成していた
  • 17年前、趣味でやっていたチェスの大会で出場するために渡米している最中に事件に巻き込まれ死亡
  • APTX4869を飲まされた人物リストで工藤新一の2つ下に書かれていた
  • 羽田秀吉の義兄
  • 座右の銘は初志貫徹

物語の中で特に黒の組織のRUM(ラム)との関係が深い人物の一人となっています。初めて漫画で登場したのは947話の最後であり、名探偵コナン File948「握られたハサミ」で細かく説明されています。

詳細は【2. の羽田浩司殺人事件】で詳しく考察していきます。

 

【スポンサードリンク】

 

2. 羽田浩司殺人事件とは

羽田秀吉の義兄でもある羽田浩司。先程紹介した通り、17年前に何者かの手によって殺害されていることになっています。

チェスの大会前夜、宿泊していた部屋で殺害とのこと…この事件が「羽田浩司殺人事件」

この章ではこの時の事件について解説していきます。

 

隣の部屋で起きた資産家アマンダ・ヒューズと関わりが

17年前全米で行われたチェスの大会の前夜に、羽田浩司は同じホテルの別の部屋に泊まっていたアメリカの資産家「アマンダ・ヒューズ」という女性が亡くなっていました。

アマンダは80歳以上の老婆でした。

アマンダヒューズは羽田浩司の大ファンということもあり、殺害された日に羽田浩司の部屋を訪れています。羽田浩司の部屋からアマンダの指紋が出ていることで決定的な証拠になっています。

 

【スポンサードリンク】

 

重要参考人にボディーガードの「浅香(ASAKA)」

アマンダが殺害された際に重要参考人として考えられていたのがボディガードの「浅香」という人物。

浅香はアマンダが殺害されてからは、姿をくらましており、黒の組織の人間で犯人なのでは?と言われています。

 

アマンダはFBIやCIAに顔が利く人物であった

アマンダは黒の組織と敵対する“FBI”や“CIA”とも親交があったため、灰原の考察では、組織にとって邪魔になったから殺されたでは?ということ。

確かに今までもFBIの赤井秀一やらCIAの水無怜奈は組織と敵対していました。アマンダがそちら側と交流があるということは、黒の組織に殺害されてもおかしくありませんね。

実際にアマンダの部屋は黒の組織がいつもやる、何事もなかったような綺麗に殺された様子になっていました。

 

【スポンサードリンク】

 

羽田浩司の部屋は何者かに荒らされていた

アマンダの部屋は綺麗になっていましたが、逆に羽田浩司が殺害された部屋については何者かに荒らされた様子がわかります。

加えて羽田浩司は殺された時に、抵抗した後が残っていたみたいです。羽田浩司は腕に数か所殴られたり、蹴られたりと防御創が残っていたとのこと…。

ここから考えられるのは、黒の組織の犯行であるとするとアマンダは予定通りで、羽田浩司は想定外の殺害だったことがわかります。

一応APTX4869を黒の組織に飲まされたため、黒の組織に殺害されたことを前提に考えています。

 

【スポンサードリンク】



 

ダイイングメッセージが残っていた

羽田浩司が殺害された部屋は、まるで強盗に入られたかのように荒らされていてたとのこと。「Juke」ってホテルの名前入りの皿やカップの破片が散乱されていたとのこと。

中でも当時、化粧品メーカーがマスカラに手鏡を付けた商品が流行り、鏡には「PUT ON MASCARA」と刻まれていた。

その手鏡を最初見たコナンは最初は何も気づきませんでしたが…。

950話の「切り取られた文字」で羽田浩司は最後、鏡をハサミで切りダイイングメッセージを残していました。P,T,O,Nを切りとり、「UMASCARA」の文字を残しました。

 

「RUM ASACA」の文字

「PUT ON MASCARA」と刻まれた手鏡から、P,T,O,Nを切り取り、残された文字を並び替えると「RUM ASACA」となることを950話でコナンと赤井秀一は気づきました。

この時点では、「浅香=ラム」という風に推理をしていました。初めて浅香が出てきた回では浅香(ASAKA)となっており、“KA”となってるので違う可能性が高かったです。

そして、最新の話(1008話)でも物語は一変します。

 

【スポンサードリンク】



 

 「CARASUMA」の文字

名探偵コナン File1008「ホラ♡」で新一の正体が世の中に出回ってしまいましたが、この時に羽田浩司のダイイングを 「CARASUMA」の文字に結論付けることになりました。

つまり、黒の組織のボスの名前は既に亡くなっており、日本の中でも力を持っている「烏丸連耶」とコナンと優作は結論づけました。

羽田浩司殺人事件では、ラムだけでなく、黒の組織の“あの方”の名前が最終的にわかる事件だったのです。

 

3. 羽田浩司とRUMの関係

950話で羽田浩司のダイイングメッセージの中に、“RUM”の名前が入っていたため、羽田浩司とRUMはとても近い事件だと思われていました。

結論的には「CARASUMA」となりましたが、実はこの事件はRUMが担当していたことがわかるように、物語の中に入ってきます。

 

【スポンサードリンク】



 

ジンの「ラムがぬかった事件」と発言

File953「暗がりに鬼を繋ぐが如く」で霊魂探偵と言われる堀田凱人が、17年前に起きた羽田浩司殺人事件について探っていました。

結果的には堀田は殺害されていましたが、堀田が亡くなったニュースが流れた時にジンがとある発言をしました。

「17年前にラムが抜かった仕事(ころし)なんざ…知ったことか…」

つまり確実にラムが羽田浩司殺人事件に絡んでいたことがわかりました。しかし、ぬかった仕事ということは、何かをミスしたということ…。

 

アマンダの部屋は綺麗なのに、羽田浩司の部屋は汚い

抜かった…ということは何かに失敗したとのこと。羽田浩司と同じホテルにいたアマンダの部屋に関しては、灰原の見解では黒の組織が絡んだと間違いないとのこと。

対象的に羽田浩司の部屋は荒らされた&争った後がありました。つまり、ラムは羽田浩司についてはやむを得ず殺害するしかなくなったと考えられます。

つまり考察の一つとしては、ラムが羽田浩司に何かを見られて殺害するしかなかったとも考えられます。

 

【スポンサードリンク】



 

ラムと浅香の関係性

重要参考人でもある浅香という人物。同じくFile953「暗がりに鬼を繋ぐが如く」で堀田凱人が、浅香が事件でも使われたあの手鏡を持っていたとの情報を掴んでいたため、この時点で女性となっています。

そして、「ASACA RUM」というメッセージから、浅香はラムと考えられていましたが…

File954「裏切りの制裁」では、ミュージシャンが「ASACA」という曲名を発表し、ここにバーボンとベルモットが潜入して調査していました。

ベルモットとバーボンの会話に

「ソレが公になる前に探りを入れて…必要とあらば潰せばいいんですよね?」

と会話をしており、ソレというのが今回の「ASACA」ということになります。

つまり私の考察だと「浅香」という人物との関連性を探っており、必要ならば潰すとのこと。ラムが浅香であれば、二人は潜入する必要はありません…。しかし、探りいれたいうことは浅香という人物がいるということになり、ラムではない確率が高くなります。

もしかしたら、ラムの重要な情報が漏れるのを防ぐためとも考えられますが、その説は薄いかもしれませんね…。

ここでの考察は、ラムは羽田浩司殺人事件の時に、重要人物でもある浅香を殺し損ねたのかなとも思います。

 

【スポンサードリンク】



 

4. 羽田浩司と浅香の関係

さて多くのコナンブログでも書かている面で重要な、羽田浩司と浅香の関係はどうなのだろう?という部分に触れていきます。

「3. 羽田浩司とRUMの関係」でも考察した通り、ここではラムと浅香は別の人物という線で考察していきます。

 

羽田浩司と浅香は元々知り合いであった

羽田浩司と資産家のアマンダは事件の当日に、羽田浩司の部屋でティータイムを楽しんでいたことが、部屋の残留物からわかりました。

浅香はアマンダのボディガードのため、自ずと羽田浩司とは顔見知りであったことは間違いありません。なんなら事件の当日も一緒にいたことは間違いありませんね。

 

【スポンサードリンク】



 

部屋の手鏡は浅香のものだった?

さてこれは本当に予想の範囲になりますが、File953「暗がりに鬼を繋ぐが如く」で亡くなった霊魂探偵が羽田浩司殺人事件の時の手がかりを発表する予定でした。

その内容が「姿を消したボディーガードの浅香が、あの手鏡を持っている所見たという人がいて…」

と世良が話しています。つまり事件にあった手鏡は「浅香の手鏡」であり、それに羽田浩司がダイイングメッセージを残したことになります。

何故、羽田浩司の部屋に浅香の手鏡があったのでしょうか?後ほど考察します。

 

 

5. 「浅香=若狭留美」説。羽田浩司と若狭先生の関係

様々なキャラクターが現れた中で、特に浅香なのでは?という説が浮上しているのが、帝丹小学校に急遽赴任してきた若狭留美先生

普段はおっちょこちょいを演じているが、いざという時はコナンの推理を助けたり、犯人を武力で制圧するといった最強の先生ですが…。

実はRUM候補の一人として残っているのと、同時に浅香なのでは?ということも考えられています。

若狭留美先生については以下記事を見てくださいね。

若狭留美先生の正体は浅香?RUM(ラム)?羽田浩司との関係も徹底考察

 

【スポンサードリンク】



 

若狭のポケットに入っていた将棋の駒のようなもの

File989「ブザービーター」の最後に若狭留美先生のぽっけに何かが入っていることを確認します。そして、ポッケをよーく見てみると将棋の駒のような形が見えてきます。

ここで将棋の駒が出てきたということは、羽田浩司との関連があるということで様々な考察サイトでも取り上げられています。

 

恋人だったのでは?という線も

将棋の駒があったということは、殺した相手というよりは、好意を抱いていた相手の遺品のようなものなのでは?ということになります。

つまり、羽田浩司と浅香は恋人なのでは?ということも充分に考えられます。File987「ティップオフ」では「片目を潰された」という話を聞いた時にいかりを噛みしめるような表情をしていました。

ここから考えられるのはラムによって、恋人でもあった羽田浩司を殺されたことに恨みを持っていたということも考えられます。

ここまでくると浅香の手鏡が、羽田浩司の部屋にあったのも頷けるかもしれませんね。

 

【スポンサードリンク】



 

1032話〜1034話で若狭留美と羽田浩司が親しい関係であることがわかる

上記で恋人なのでは?と考察しましたが、二人の関係は良好であったと言えるシーンが1032話〜1034話で新たにわかりました。

若狭留美が先生として少年探偵団と山菜採りに着ている時に「御守り」という発言をしました。この時に御守りという言葉に若狭留美が反応し、羽田浩司の回想シーンが3コマでました。

1コマ目が羽田浩司が将棋の駒「角行」を持ちながら

「「遠見の角に好手あり」ってね…」

と少しかっこいい顔に誰かに言っているシーン。もう一つは

「それでも僕を…殺すと言うんですか?」

これまた少し、さわやかなシーンの描写でした。

つまり若狭先生がこのシーンを思い出すということは、若狭先生はラムor浅香としてあの殺人現場にいたことになります。

さらに羽田名人は笑顔だったため、若狭に対して、敵対視をしていないということも合わせてわかるようなシーンでした。

 

【スポンサードリンク】



 

羽田浩司が亡くなったシーンに若狭留美はいることがわかった

3コマ目には亡くなった羽田浩司が写っていました。そして恐らく若狭留美らしき人物が心の中で

「馬鹿な奴…」

と思っていたのです。1032話では「馬鹿な」「馬鹿…」と何度も言い聞かして、現実シーンで右目を押さえて膝をついてしまったのです。

ここで若狭留美は右目に障害があることをコナンが感じ、若狭留美と羽田浩司の関係は少し深いものであることがわかりました。

ダンボール!?名探偵コナン1033話「幸運の御守り」(サンデー21・22号)のネタバレ&感想|漫画コナン

 

若狭留美が持っている御守りは将棋の駒「角行」の可能性が高い

↑の考察で若狭留美はポケットに将棋の駒のようなものを持っていることがわかりました。

そして1032話で歩美ちゃんの「御守り」という言葉に反応→羽田浩司が「角行」を持っている描写

のような流れであったため、恐らく若狭が持っているのは羽田名人から貰った「角行」の駒と予想しています。

しかし、何故殺害されたかはわかっていないため、引き続き楽しみにしていきましょう!

 

【スポンサードリンク】



 

6. 羽田浩司と赤井務武(赤井家)の関係

意外と関係がありそうなのが、羽田浩司と赤井秀一の父親でもある赤井務武(あかいつとむ)です。

File949「甘い匂い」の時に、沖矢昴に変装している赤井秀一より羽田浩司の事件について「17年前に直接関わっていたの俺の父だ」と話しています。

つまり赤井務武はあの事件について、何かのキーマンであったことがわかります。同時に赤井秀一をFBIに駆り立てたのもこの事件みたいですね。

 

羽田浩司事件で赤井務武はいなくなった?

赤井務武は「とんでもない奴らを敵にまわしてしまったと」と、メアリーにメールを残して、その後は姿を見なくなってしまいました。

そして10年前の赤井秀一は「父の事件の真相を探りに行っていた」にアメリカにいた事、務武は死ぬ前に日本にメアリーを送ったこと、この時真純はまだメアリーのお腹の中、新一と同じくらいの年頃となると…。

赤井務武がめありーを日本に送ったのが、丁度17年前と高確率であたります。つまり、羽田浩司殺害事件をきっかけで赤井務武はいなくなったことになります。

 

【スポンサードリンク】



 

では、赤井務武の職業とは?

ここはまだ明らかになっていないのですが、赤井秀一が言うにはFBIではないと言っております。考えられるのは、ジャーナリストや探偵のようなものかなと思います。

羽田浩司殺人事件の真相を解こうと探ろうとしたところ、黒の組織に殺された可能性も全然考えられますね。

ここは今後重要なところの一つになりますね。

赤井務武の妻の世良メアリーについてはこちら↓

宮野エレーナとメアリー(領域外の妹)は姉妹関係だった?バーボンとの関係は?

 

7. 羽田浩司は生きているのか?

さて最後の章になりますが、羽田浩司は実は生きているのでは?という説が浮上していることもありますが、それは高確率でないと思います。

ネットに上がった記事の情報の真相に近いものであり、羽田浩司の義弟でもある羽田秀吉からも亡くなったニュアンスがありましたからね…。

 

【スポンサードリンク】



 

殺害されたのAPTX4869

さて最後の本題に戻ってくると、羽田浩司はAPTX4869を飲まされて亡くなったことになっていました。17年前のアポトキシンは灰原の両親が作ったものです。

殴られた後はあるけど原因不明で亡くなったということは…間違いなく殺されたのかなと思います。

灰原が作ってたアポトキシンは幼児化するものなので、そこの種類の真相もまだまだわかっていないので今後も注目していきたいですね。

 

8. まとめ

ここまで考察した通り、羽田浩司という人物を殺害されたことにより、様々なキーパーソンが出てきます。

そして、黒の組織のボスと言われている「烏丸」にまでたどり着いています。今後、黒の組織の謎を解く上で欠かせない人物になっていくため、注目していきましょう!

2018年の最新映画情報はこちら↓

【予備知識】2018年劇場版名探偵コナン第22弾「ゼロの執行人」のあらすじを公開!

【スポンサードリンク】

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)